2018年06月23日

きゃべつ2個分のそわそわ

BBQです。
BBQやりました。
1529326289169.jpg


こんにちは、東です。

今回は、もう一押し仲良くなろうということで、バーベキューです。
担当者が良い場所を見つけてきてくれました。
当日の、降ってるような降ってないような雨模様に対し、会場は屋根付きです。素晴らしいですね。
roof.jpg















mask.jpg
誰だ


もちろん彼らのように買出しや準備で先に会場入りしていた部隊もいたわけですが、
大部分は駅に集合して、会場までみんなで歩いていきます。

「今日って全部で何人来るんですか?」
「確か・・・60人くらいだったハズ」
「多いですね!貸切ですか!?」
「あ〜、そうかも!逆にうちらがこれだけの人数いちゃって、貸切じゃなかったら、他のお客さん肩身狭かろうなあ〜笑」
「このBBQ場は200人規模の収容力らしいよ」
「・・・マジか」
60人でマイノリティ説。

ま、行ってしまえば
fun.jpg
そんなことはどうでもよくなりました。

よいんですが、M1の参加者はM2の倍。
例えば僕からしてもまだまだ知らないM1のほうが多いわけですし、
大丈夫かなあ俺、喋れるかなあ、M1の輪に入れるかなあとか不安で仕方ありませんでしたが、
この日は何とかなりました。運が良かったと思います。ありがたい。
あといつも不安がってるな俺。

fun2.jpg
はい楽しそう。


あ、そうそう、焼きそば用のキャベツを刻んだのは僕です。野菜を分担して切ってくる係のうちの。
丸2玉ですよ。2玉て。まな板に乗らねえ。キャベツって中のほう複雑な形しててどう切ったものか戸惑うし。
切り進めていくうちに上達するだろうと当初は考えていましたが、延々包丁を動かし続けているとむしろ段々「もうどんなでもいいか・・・」って気持ちになってくるよね、
・・・って話を「カボチャ」担当と話したりしました。
いや、きっちり切るには切りましたよ?たぶん。
BBQの終盤はあっちゃこっちゃフラフラしてたので自分では食べた記憶がないのであれですけど。
あの日切ったキャベツの形を僕達はまだ知らない。

BBQ.jpg
BBQ!って感じですね。





cabbage.jpg
キャベツ。


と、いうわけで、ちょっとした業者みたいな量のキャベツを切ってみたくなったら君も院ミに参加だ!
「でも、もうみんなけっこう仲良くなったんでしょ?馴染んできてるでしょ?今からでは・・・」
大丈夫、実際のところ僕は去年の就活セクションもBBQも参加してない。

以上です。
それではまた!
posted by 院生ミーティング at 19:14| Comment(0) | TrackBack(0) | イベント

2018年06月14日

進路セクションほか

きりーつ!
気をつけ!
こんにちは、

東です。
いっぺん、まっとうな記事を挟んだところで、ここからはまた・・・ね。

そんな今回は、イベント3本立てだった一日の話です。

「進路セクション」ぱねえ。
「定例ミーティング」やべえ。
「懇親会」すげえ。

気をつけ!着席!
以上、・・・すみません、ふざけました。



「進路セクション」
それは、そろそろ内内定なんていうのも出ようかというこの時期のM2が、迷えるM1のみんなに色々何か言うっていう、そういうやつです。先輩風を吹かすやつですね。
例年は就活セクションと題していることが多いですが例えば博士課程に進みたい人もいるかもしれないし実際M2にはいたわけだし本来それを含めて進路は無数とは言わないまでもいくつかの選択肢があるはずだからまるで就活ありきみたいな固定観念でものを考え始めるのは短絡的で目的と結果を混同しかねないからよしておこうぜ・・・的なことを何度か言ってみたところ「進路セクション」という名になりました。ちなみに僕は就活です。

セクションでは、まず全体向けのプレゼンスライドが映し出され、
この時期にできることは何か、そしてそれがどう後に繋がっていくか、という実用的な内容が展開されます。
主に、
夏のインターンシップってどういう効用やメリットがある?
自己分析ってどれくらい重要?どうやるのが良い?
というようなことが説明されるわけです。
内容としてはある意味お決まりというか定石というか、そこまで突飛だったり逆説的だったりするわけでこそないのですが、
何せそれをバリバリのM2が自身の経験を交えつつ話すので、

生々しい。

生々しいは違うか。なんだろう。ともかく、印象として僕の感じたことは、

就活ガチ勢ぱねえ。

ってことですね!レクチャーを聞いていて、僕が不安になる。俺はM1の時にここまでのこと、とてもやってなかったぞ。自分の就活、選択、これで大丈夫だったのだろうか、とか。
大丈夫かなー!?俺!1年後・・・2年後3年後くらい、どーなってっかなー!
自己分析ワークを実際にやってみる、のコーナーもありましたが、何べんやってもこれが簡単ではないんですよねこれが。

最初の登壇者が発表を終えた後、ほか喋る用意をしてきたM2達がそれぞれの進路状況や過去のスケジュールをざっと見せ、M1は各々の興味関心ある進路・先輩のところへ行って少人数でこう、なんか聞いたり答えたりするっていう、そういうコーナーに移りました。
これもあれですね、非常に、あれですね。

就活ガチ勢、ぱねえ。


「定例ミーティング」は、
何か活動とか組織とか色々紹介したりそういうのですよ。
春交流会の振り返りですとかメンバー紹介ですとか。

今後どんなイベントやりたいかグループワーク、とかもやったんですけど、
おおよそみんな初対面にも関わらずけっこう盛り上がりましたね。楽しげな雰囲気になりましたね。
僕のいた班は女の子多かったからとかそういうところかな。どうだろ。
言い忘れていましたがこの日の参加者は両学年で40人くらい。これは多いですね。


「懇親会」
・・・そう、“定例ミーティングは懇親会が本番”と言う人もいます(諸説あります)。
確かに定例からの参加率は高いです。なんなら普段だと懇親会から来る人もいます。
そんなこと言うと飲みサーみたいに思われそうですが、お酒でも入れないとなかなか素直になれない人が多いだけです。仮にも二十数年生きていると変なとこ大人びてきますね。
別に飲めない人は飲まないですし飲めるけど飲まない人も割といます。
何やかんやでいつも青息吐息になっているのは代表ぐらいです。

この日はやがてお開きなって外へ出たものの、2次会として再び同じお店に吸い込まれていくのは面白かったですね。
僕はお金がなかったのでそのタイミングで帰りました。


春の交流会、からの新年度初回の定例ミーティング(と懇親会)進路セクション付き、このあたりはまあ例年から最も多くの参加者を集めるイベントではあるそうですが、今年度は特に上々の滑り出しなのではないでしょうか?そんな気がしますよ。
これは楽しい1年になりそうな予感があったりなかったり。
僕達とみなさん次第ですよ!
とか言ってみて。今回はこのへんで筆を置きたいと思います。
またね!
posted by 院生ミーティング at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 定例ミーティング