2012年08月17日

第1回シンキング・オブ・ワーキングセクションのご案内

こんにちは、5カ月の姪を抱っこして感激した東工大のはらはらですわーい(嬉しい顔)

お待たせいたしました、いよいよ第1回シンキング・オブ・ワーキング(シンキン・ワーキン)セクションを開催しますexclamation×2 シンキン・ワーキンは一言でいえば、「働くことについての自分が考える価値観を話し合いの中で気づき、形成する」セクションです。 

参加すると・・・
@自分の働くことに関する価値観を発見できる、または人との話し合いを通して作れる!
A普段は言えない(悪い意味ではなく)突っ込んだ考えをみんなに向かって話せる!
B社会人の方がどんなことを考えて働いているのかわかる!
 

今回は読書会の形式で、代表2人に本の該当箇所を読んできてもらいます。

えっ、読書会!?なにそれ、怪しそう・・・と思ったそこの諸君!
実は自分もどんなものかとこの前潜入調査してきました。
当日会場に行ってみたら誰もおらずいやな予感がしましたが、主催者とその仲間たちが遅刻で始まりました。そこでは、夢・志を持った20代の若者が本を読んで共感した部分を皆に解説し、そこに対して質問するという熱い対話が繰り広げられておりどきどきわくわくして話を聞きました。

あ、話を戻すと「ワンピースに学ぶ就職活動」という本を用いて本を読んでいこうと考えています。決してワンピースを知らなくても大丈夫なのでご安心を<^^>。この読書会のポイントは内容を要約して伝えるのではなく、自分の体験を思い出してリンクさせながら皆さんに伝えるところです。するとみなさんが自分の価値観を他人に言って、そして他人の意見を聞くことで、「あっ、そんな考え方もあるのか!」だったり、「それはちょっとな・・・」と、いろいろな気づきが出てくると思います。それをみなさんはどんどん持って帰ってください。本を通して共感して自分の価値観を作りたいという方、ぜひとも参加して下さい!

そして、発表してもいいよ!という方を2名だけ募集します。その方は8/26(水)締め切りでA41枚に本の根底編(第1章、2章)を読んだ上で、共感した項目に関して自分の体験を交えて書いてきてくれると大変うれしいです!

以下、詳細です。
********************************************************************************
日時:9月2日(日) 15:00〜17:30
場所:大学生協杉並会館(予定)
持ち物:ワンピースに学ぶ就職活動(できれば、事前に読んでもらえると、より面白くなります。)
連絡先:ducks-7-starmineスペードnexyzbb.ne.jp(スペードを@に替えてください)
件名:第1回シンキング・オブ・ワーキング参加希望
本文:氏名、大学名、学年、発表の可否
締め切り:8/26(発表する方、原稿とともにお願いします)8/31 (参加者)
********************************************************************************
ではでは〜よろしくお願いします!

 原 (はらはら)

2012年06月17日

シンキング・オブ・ワーキング(通称:シンキン・ワーキン)の紹介

はじめましての人もそうでない人もこんばんはexclamation×2           

 シンキング・オブ・ワーキングセクションを担当する東工大M2の原ですわーい(嬉しい顔) そう、はらはらと呼ばれているあの人です。ところで、このセクションをいつやるかについては8月中に第1回目を予定していますので、もう少しお待ちください・・・・

 今回、僕が紹介するのはシンキング・オブ・ワーキング(通称:シンキン・ワーキン)セクションです。
えっ、何じゃそりゃexclamation&questionと思っている方もたくさんいると思うのでここで簡単に紹介します。

 シンキン・ワーキンは一言でいえば、「働くことについての自分が考える価値観をディスカッションを通して気づいたり、形成する」セクションです。みなさんは就職活動を12月から始めるのではないかと思います。そんな時に必ずと言っていいほどついて回るのが自己分析です。その中の質問には「5年後、10年後どのように働いていたいですか」なんてものもあります。そんなことを言われたってどう答えたらいいのかわからない人も多いですよねあせあせ(飛び散る汗)そこで、このセクションを通して働くことについて少しでも考えてもらえたらなと思って企画しました。

 どんないいことがあるのexclamation&question


 @自分の働くことに関する価値観を発見できる、または人との話し合いを通して作れる!!
 A普段は言えない(悪い意味ではなく)突っ込んだ考えをみんなに向かって話せる!
 B社会人の方がどんなことを考えて働いているのかわかる!

 などなどいいこと盛りだくさん!

 どんなことをやるのexclamation&question

 @まず、読書会の形式で、代表2人に本の該当箇所を読んできてもらいます。えっ、読書会?なにそれ?なにやるの?怪しそう・・・という反応をする人もいると思いますので何やるかを説明すると、「ワンピースに学ぶ就職活動」という本を用いて本を読んでいこうと考えています。決してワンピースを知らなくても大丈夫ですよ<^^>。参加者のうち2人(くらい)が本の内容に関することを発表しますが、ポイントはその内容の要約を伝えるのではなく、自分の体験を思い出してリンクさせながら皆さんに伝えます。なんでか、というと本を読んでいない人でもわかるようにということと、自分の価値観を他人に言って、そして他人の意見を聞くことで、「あっ、そんな考え方もあるのか!」だったり、「それはちょっとな・・・」と、いろいろな気づきが出てくると思います。それをみなさんはどんどん持って帰ってください。つまり、本を通して共感する勉強会というのがこの目的です。

 A11月ごろからは趣向を変えてワールドカフェという形式であるテーマに沿って話し合いを進めていきます。ん、ワールドカフェって何だexclamation&questionと言う人がまずほとんどだと思います。決して世界のカフェに出向いてディスカッションをするものではありません(笑)。これは、雑談と会議の中間をとった会議とよく言われます。みなさんは、会議では意見が言いづらいが、雑談ではざっくばらんにいろいろ話せるという経験をしたことがありますか?それを実現するのがワールドカフェです。つまり、雑談のような軽い雰囲気の中で重要な考え方が出てくることがねらいです。何をするかというと、模造紙を使って自分が考えたことや、いいねと思った考えを手元に話しながら書いていきます。こうして自分の考えていることと、相手の考えていることをすり合わせていき、オリジナルな考え方を作っていきましょう。

 ところで、みなさんはこんな不安が出てくるのではないでしょうか?「私ってとても議論が苦手でいつも負かされるんです・・・・」「発表するんですけれど、抜けや漏れが多いんです・・・・」、そう、議論は少なからず人の目をいつもより過剰に意識してしまうものですね。そこで、参加するみなさんには守っていただきたいルールがあります。

 1.お互いを〜さんづけで呼び合おう
 2.他の人が話しているときはしっかり顔を向けて聞こう
 3.やたらな決めつけや否定はやめよう

 どれも、自分がされた時のことを考えてみてください。いい気持になりますか?どうでしょうか、普通はあまりいい気持にはならないでしょう・・・

 ここからは、出てくるであろう疑問に答えていきます。


 Q1.ここでやるディスカッションと普通の会議と違いはあるの?

 A1.普通の会議は、あるテーマに対して必ず全員共通の1個だけのオチ(結論)を出しますね。
だけど、ここでやるテーマは同じでもみなさん1人1人考え方は違うので、最後は1人1人違う結論になっているんです。
   
 Q2.人数が多いときはどうするの?少ないときは?

 A2.多いときは、グループを分けてやっていきます。少ないときは、そのまま
   濃密な議論ができると思いますので、基本的に変更しません。
 

 ちなみに去年はこんな風にワールド・カフェを行いました。

ワールドカフェ 001.jpgワールドカフェ 002.jpg

ではでは、みなさんの参加を心よりお待ちしていますわーい(嬉しい顔)